設立・経営理念  食育保育

 

食べることは生きること、こころもからだも育み「えがお」がいっぱい

食育保育として、食事を通して人々が継承してきた文化があります。一年を通してさまざまな行事から季節を感じ文化を知り、実際に野菜を育て食材に触れてみましょう。「いただきますは感謝のきもち」ありがとうのきもちを素直に伝えることができる、心豊かな「えがお」いっぱいの子どもを育てます。
 
 

給食に対する考え方

給食は、保育園児の発育段階や健康状態に応じた離乳食・幼児食や食物アレルギー食・宗教食等への配慮など、安全・衛生管理面及び栄養面等での質の確保が必要です。園児たちの心身の発達を栄養士・調理従事者が協力しながら食の面から十分気を配って、おいしい給食・おやつを調理しております。
•4月当初入園されてから3月までの1年間の園児達の成長は目をみはるばかりです。その一番大切な時期の食事と考えております。私達は、皆様の[命をお預かりしている]という認識の基、責任と誇りのある仕事してまいります。「安心」と「満足」が実った給食提供を行ってまいります。
 
I.保育園では完全給食(主食・副食・おやつ)を行っています。
II.保育園における栄養給与量は、一日の栄養所要量の50%を目安としています。
III.給食献立表は、毎月月初めに配布します。 ※延長保育時には補食を提供します。

給食・おやつのレシピダウンロード

給食のブログ

給食室紹介

サンプル台

回転釜・スチコン・炊飯器完備

ガスコンロ

洗浄機も配備